妊娠力を下げる8つの原因

 

あなたの何気ない日常が不妊を招いているかもしれません。 ga-n03.gif

8つの原因の中に思いあたる原因はありますか?
改めて見直すことが不妊改善の第一歩となります。

maru01.gifmaru01.gif

yotuba13.gif原因1:年齢

男性の場合、常に新しい精子をつくっていますが、女性の場合には卵子の数は有限です。数百万個の卵をかかえて生まれますが、生理が始まる頃には30万個程度に減少している上に老化もします。これが、女性の年齢が妊娠に影響する理由なんです。

 

ですが、ひとえに年齢と言っても、同じ年齢なのに若い人、老化が進んだ人がいます。

 

普段の生活習慣や食生活も大きく影響していることも忘れないでくださいね。

 

maru01.gifmaru01.gif

yotuba13.gif原因2:タバコ

タバコの煙成分は、卵巣の女性ホルモン分泌能力を低下させ、さらに血液の循環を悪くさせるため、卵子の老化を促進させます。また、遺伝子異常を誘発させるほか、体外受精の成功率にも大きく影響します。もし、どうしてもやめられないとしても、体外受精2ヶ月前には禁煙するようにしてください。

 

maru01.gifmaru01.gif

yotuba13.gif原因3:お酒

大量の飲酒は、過剰なホルモンを処理する臓器である肝臓に影響を及ぼします。男性の精子の数の減少や、女性の場合には月経不順や排卵障害などのリスクも大きくなります。

飲酒はほどほどにし、飲み過ぎないようにしてください。

 

maru01.gifmaru01.gif

yotuba13.gif原因4:睡眠

 

成長ホルモンは寝ている間に分泌され、他のホルモンを調整する働きがあるため、睡眠は特に重要です。

 

睡眠が足りないと、ホルモンの調整がうまく行かなくなり、心身ともに影響がでやすくなります。また、ストレスの発散にも睡眠は大きく影響し、ストレスを多くかかえる人ほど睡眠時間が短いとの研究結果も出ています。

 

maru01.gifmaru01.gif

yotuba13.gif原因5:体重

太り過ぎも、やせ過ぎもホルモンバランスを崩す要因となります。

普段から健康的な食事と運動を心がけるようにしてください

 

maru01.gifmaru01.gif

yotuba13.gif原因6:温度

 

男性の場合、精子をつくる睾丸は身体の外へ大きく出ています。これは高温に弱いからなんですね。ですので男性の下着もぴったりしたブリーフより、ゆとりのあるトランクスタイプの方が、より多くの精子をつくるという観点では良いかもしれません。

 

maru01.gifmaru01.gif

yotuba13.gif原因7:薬

妊娠を妨げるになる薬の服用にも注意してください。

 

「ドグマチール」

「レベトール」

「デノシン」

「バリキサ錠」

 

などの他、市販の薬にも注意しましょう。

 

maru01.gifmaru01.gif

yotuba13.gif原因8:ストレス

 

いままで説明してきた原因の多くは、その根底にストレスという原因があることを忘れないでください。

 

ストレスは時にやる気や行動力としてよい働きをする場合もありますが、多くの場合、あなたの心身に悪影響を与えるんです。

 

人間社会で生きていく以上、ストレスの無い生活を営むことは無理です。だからこそ、このストレスと向き合い、仲良く付き合っていくことはとても重要な事となります。

 

maru05.gifmaru05.gif

ストレスを発散するのに、過食やタバコ、飲酒に向けるのでは、マイナスのスパイラルにはまり、さらに不妊への道を進んでいくことになります。そして、不妊であることに悩みさらにストレスを受けてしまう・・・。

 

mushi.gifいま、悩み事はありますか?

mushi.gifいま、気になることはありますか?

mushi.gif人間関係で不安なことはありますか?


これらを紙に書き出してみましょう。

 

書き出すことで思考の整理され、改善方法が浮かびやすくなります。

また、書き出す行為(脳から出す行為)をしますと、脳へ「もう、忘れても良いよ」という信号を送ることになります。これは、イヤなこと悩みを誰かに話すとスッキリするのと同じ効果です。

 

イヤなことや悩み事は身体の外に出す。(紙に書きだす)

 

ぜひやってみてください!! w04.gif