産み分けをすると健康な赤ちゃんが生まれる理由

 

産み分けというと、なんだか後ろめたい気持ちになる人もいるかと思います。これは考えの古い人からの言葉、

たとえば、「子供は天からの授かりもの

そんな言葉を聞いたからではないでしょうか?

 

でも、時代は違います。昔のように、ポンポン産めばいいような時代ではありません。大家族で、みんなで子供を育てるような環境ではありません。子供の教育にはお金が凄くかかるのです。

 

産み分けは悪いことなのでしょうか?

 

いいえ。逆です。

 

産み分けを考えて、妊娠をすることで、健康な赤ちゃんを産むことができるんです。その訳は・・・。

 

 

産み分けの基本は、性交のタイミングです。
排卵日を予測して性交をするのですが、産み分けの場合おおむね排卵日の3日前~1日後に性交をします。

このタイミングが一番妊娠する確率が高いのですが、そのタイミングでの受精は、元気な精子と新鮮な卵子との受精のため細胞分裂も盛んに行なわれ、健康な赤ちゃんが生まれます。

 

ですが、何も考えず欲情ににかられるままに性交をし妊娠すると、未成熟な精子であったり、時間により老化した卵子との受精により、先天異常無脳症脳水腫二分脊柱裂流産などに原因になるのです。

 

実際、先天異常の子供や流産を経験した夫婦を対象に調査したところ、性交の回数が多く、タイミングについてはまったく考えていない。という結果がでました。

 

ですので、産み分けのように、排卵日を気にしながら性交を行なうことは、これから生まれてくる子供のためにも非常にいことなのです

 

ですから、不妊などで悩まれている方ならなおさら、産み分けにもチャレンジしてみてください。


関連記事(産み分けのコツ)
  1. 産み分けの成功確率は?